早急な治療

早急な治療

 

爪水虫と思ったら放っておかずに早期に対応する事が基本です。
放っておいても自然に治癒する事は無く、放っておけおくほだんだんと症状が悪くなり、最悪は最初は親指だけが爪水虫だったのが、悪化するについれ他の指へと移る事もあります。

 

爪水虫は初期の症状では、痛みもかゆみも無いと判りずらいので爪水虫だと気づかない場合が有ります。
見分け方は、水虫の症状でも記載していますが、足の爪が白く濁っていたり、ボロボロと脆くなっていたり、通常と違う症状になっていたら疑ってみましょう。

 

発見が遅くなればなる程悪化し、治るのに時間ががかかっていまいます。

 

自己判断せず、医師による判断を早期する事が大切で受診する際は皮膚科の診断を受ける事になります。

 

皮膚科の診断方法は一般的に顕微鏡で検査を行い白癬菌を確認します。
抗真菌剤は水虫や田虫にもちいられる薬剤ですがこの薬剤を処方されると思います。
内服薬か塗り薬とありますが爪水虫の場合は内服薬が処方されることでしょう。

 

早く受診し医師の判断を伺い早期の対応が早く治す近道になります。