急性胃腸炎で苦しんだ体験

急性胃腸炎で苦しんだ体験

 

買い出し中にゴロゴロと…

 

仕事中のお話です。
上司から、取引先に持って行く手土産のお菓子を買ってきてほしいと頼まれ、社用車に乗って片道20分の和菓子屋へ行きました。
その日は朝から少し調子が悪く、タバコも何となく吸いたくなくない、朝ごはんも食べたくない状態でしたが
それほど気にしていませんでした。
手土産を購入し、会社への帰り道、急にお腹がゴロゴロ…我慢できるか?いや無理か?どこかのお店に寄ろうか?でもサボってると思われるかも…
と、かなり悩み切羽詰まっていましたが我慢して会社へ戻りました。
そこからトイレに入り、吐き気と下痢で1時間は出られませんでした。

 

 

早退、高熱、点滴

早退、高熱、点滴

 

会社を早退させてもらい、帰宅後熱を計ると38度。
布団に横になりたくてもお腹が落ち着かなく、ゴロゴロ。
水分をとっても出てしまい、常にカラカラ状態。
病院に行く気力もなく辛すぎてどうしようかと思っていたら同棲している彼氏が仕事から早退して帰って来てくれました。
何とか病院に連れて行ってもらい、脱水症状と高熱と下痢と吐き気から急性胃腸炎と診断されました。
点滴を打ち、下痢と吐き気は止まり、だいぶ楽になりました。
熱は38度〜39度が3日間続きました。

 

 

冷えと食生活に気を付ける

急性胃腸炎で苦しんだ体験

 

冷えももちろん、風邪からくる胃腸炎も怖いので
ビタミンを多く摂取したり、野菜中心の生活をしたりしてなるべく健康に気を付けるようになりました。
油の摂取のしすぎも胃腸には良くないので油ものはなるべく控えるようにしています。
身体は冷やさないように常温かホットな飲み物しか飲まなくなりました。
もう一生、あんな辛い思いはしたくないです…。