せっかく生き延びたからいつまでも生き延びたい

 

 

年齢:43
性別:女性
意識部位:心臓
継続年数:39歳〜43歳 4年間


 

 

高コレステロールその後の心筋梗塞でショック

 

以前からコレステロールが高めと言われていました。
おいしいものに目がない私です、外食も大好き。ステキなレストランで目一杯おいしいものを食べ、お酒をたくさん飲むのが趣味でした。
10年近く前から、血液検査のたびにコレステロールが高いからと薬を処方されてきていました。
その時わずか30代前半です。
食生活を変えようという気持ちはありましたが、これがなかなか難しい。今日は忙しから、今日は材料がないからと、言い訳を思いついては以前の通り、飲み放題食べ放題をしていました。
4年前です。旅行に出かけた先の空港で心筋梗塞を起こしました。緊急入院となり、ステントを入れる手術をしました。
一命をとりとめただけが救いです。その時、心臓から出ている3本の冠動脈すべてがふさがっている状態、三枝病変の疑いがあると告げられました。40前なのに。

 

 

プチ菜食主義になりました

 

退院後は、抜本的な食生活の見直しをしました。
現在まで頑張っているのが、プチ菜食主義、有機野菜のみ。です。プラス、油分を出来る限り控えます。
オリーブオイルやココナッツオイルは健康な人にはとても良いオイルです。
一方、高コレステロールが原因で心臓病になってしまった人には良くないそうです。
というわけで、大幅カット。
菜食主義である理由は、最近の肉が信用できないからです。
近頃スーパーで見るお肉は、大量のホルモン剤や、抗生物質を注射された動物のお肉です。
こんなものを口にするなら、野菜だけを食べていた方がヘルシー、なのだと聞きました。それでも、動物性たんぱく質をすべてカットしてしまうのも、どうかと思われます。なのでお魚を定期的に食べています。
大きなお魚は食物連鎖の上の方にいて、水銀で汚染されている可能性が高いので、なるべく小さな魚を食べます。
イワシなんかです。
本当にお肉が食べたいときは、オーガニックの脂肪の少ない部分を少しだけ。
買っている野菜も、オーガニックです。本来、肉、野菜、穀類すべて食物であり、栄養であるわけですが、人工的に投入された薬や化学成分が厄介者です。
できるだけ避けています。
後は。気分が良くなる程度の運動を毎日続けること。負担になっては続きませんし、体への負担にもなります。夫婦の会話を楽しみながら小一時間ほど散歩する、この程度にしています。。

 

 

息子の幸せな家族が見たいんです

 

高校生の息子がいます。
私の心筋梗塞の時はまだ10歳でした。もうこの子にも会えなくなる、と思った時は涙が止まりませんでした。幸い手術も成功し、今ではかなり健康的になった私。生活習慣の見直しが効いたのだと思います。
この先何年も生きる望みだってあります。大事なひとり息子がお嫁さんをもらい、かわいい子に恵まれて幸せにしている姿を見るまでは絶対元気でいたいのです。
息子夫婦の都合のいい時にいつでも孫を預かってあげられるおばあちゃんになるために頑張っています。